マツヒサがドイツの料理界に登場

当ホテルは、数々の料理賞に輝き、世界的に高い評価を受けているシェフの松久信幸(ノブ)をドイツ、バイエルンの州都に迎えました。 当店は、同シェフの原点である「マツヒサ」(ビバリーヒルズ)と、世界中で成功を収める他の5軒の高級レストランのスタイルを受け継いでいます。

ノブ・マツヒサを有名にした、日本とペルーの要素を取り入れた新感覚の料理をベースにしつつ、シーフードを中心にしたメニューを展開します。多くの人を魅了したギンダラとキハダマグロの刺身のハラペーニョ添え、ラムの茶葉グリルのペルー風アンティクーチョ ソース添え、日本伝統の技がひかる寿司などの名物料理が並びます。

レストラン内には、10名様までご利用いただけるスペースを備えたセミプライベート ダイニング セクションもございます。 この居心地のよい空間では、シェフがお客さまに合わせてメニューをお選びする、特別仕立てのおまかせ料理をお召し上がりいただけます。 マツヒサ ミュンヘンでは、8席限定のライブ クッキング カウンターもご用意しております。熟練シェフがお作りする、日本とペルーが融合したメニューの数々をお楽しみください。

マツヒサ ミュンヘン
お問い合わせ
  • 料理
  • 日本とペルーの要素を取り入れた料理

  • ランチ
  • 12:00~14:00(月~日)
    バー31でご提供

  • ディナー
  • 19:00~23:30(月~日)

  • 一時休業
  • 6月5日から16日まで

  • Eメールアドレス
  • momuc-matsuhisa@mohg.com

  • 電話番号
  • +49 (89) 290 98 1875
    (10:00~18:00)