江戸時代、商業の要所として栄えた歴史を持ち、あまたの老舗と現代的な商業施設が魅力的なハーモニーを奏でる日本橋。 100万都市大江戸の中心として栄えた日本橋には、伝統と文化、そして江戸の精神を伝える老舗が今なお数多く軒を連ねています。

日本橋

お江戸日本橋は、慶長8年(1603年)、徳川家康が江戸に幕府を開いた年に架橋されました。翌9年には五街道の起点とされ、以来文字通り「すべて道はここから始まる」という、日本の交通の要となりました。江戸時代の文献に「日本国の人集り、かけたる橋有。是を日本橋と名付けたり」とあるように、幕府の大掛かりな工事に日本中の人々が集まったため「日本橋」と名付けられたともいわれています。


現在の橋は数えて20代目。明治44年(1911年)に建造された堅牢な橋は花崗岩が用いられ、当時まだ珍しかった西欧風の装飾が施されています。橋の中央部分に麒麟が、四隅には運慶の作品がモチーフとされる獅子が配置され、訪れる人々を迎えます。日本橋は平成11年(1999年)国の重要文化財に指定されました。


18世紀初頭の江戸は人口100万を超える大都市でした。大江戸に生活する人々のための膨大な物資の供給には江戸の河川や運河が利用され、日本橋川の河岸には魚市や問屋蔵、大通りには商家が立ち並び、昼夜を問わず人々の活気で溢れていました。その活況は、歌川広重の「東海道五拾三次」に代表される浮世絵にも数多く描かれています。富士山と江戸城を借景にする日本橋は、江戸っ子の誇りであり、憧れの地でありました。


マンダリン オリエンタル 東京から見晴らす景観は、東京スカイツリー(R)、隅田川、東京湾、皇居、摩天楼、そして富士山。東京の地平線から昇る朝日と富士の稜線へ沈む夕日は、まさに“天守閣”からの絶景です。



江戸時代から続く老舗と新しい商業施設

100万都市大江戸の中心として栄えた日本橋には、伝統と文化、そして江戸の精神を伝える老舗が今なお数多く軒を連ねています。


伝統の味や技を守り進化を続ける老舗の存在は、日本橋の魅力を語る上で欠くことのできないものです。伝統の味を守りつつ時代とともに進化してきた和菓子、お茶、海苔、呉服や和装小物、日用雑貨など、100年以上にわたって親しまれてきた老舗が日本橋には揃っています。


日本橋は江戸の昔から新しくてよいものを次々に取り入れる革新的な街でもありました。近年、伝統と共存する新しい商業施設が次々にオープンし、街に新しい風を呼び込んでいます。街の顔ともいえる高級百貨店はもちろん、ファッションビル、2014年には複合型映画館もオープンの予定です。



観光

日本橋はまさに東京の真ん中。東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅に直結する当ホテルからはどこへ行くにも便利です。東京スカイツリー(R)、浅草、銀座、表参道、渋谷など、また東京駅、丸の内、皇居は徒歩圏内です。ホテルが入居する日本橋三井タワーと三井本館には国宝を有する三井記念美術館があり、ホテル前(中央通側)からは、乗り降り自由な2階建観光バスが東京スカイツリー(R)、浅草方面に毎日毎時運行しています。日本橋の船着場では、両国・浅草方面へ向かう船も多種運行しており、日本橋は東京の新たな観光スポットとして注目を集めています。

お問い合わせ

当ホテルの経験豊富なコンシェルジュがお手伝いいたします。お気軽にご相談ください。

お問い合わせ先

住所

〒103-8328
東京都中央区日本橋室町2-1-1

電話番号

03-3270-8800(代表)
03-3270-8950(宿泊予約)

Eメールアドレス

DESTINATION MO

マンダリン オリエンタル ホテル グループのウエブマガジン「Destination MO」では、東京を含む姉妹ホテルの都市や地域についてご案内しています(英語のみ)