アンバー

シェフ

リチャード・エッケバス

オランダ生まれの料理長、リチャード・エッケバスが料理に魅せられたのは子供の頃でした。レストラン経営者の祖父母から新鮮な食材だけを使うことの重要性を教えられたエッケバスは、その後を継いで、今や香港ナンバーワンのシェフの1人と評価されています。

エッケバスは、ミシュランの星を獲得しているオランダのハンス・スナイデルスとロバート・クラネンボルグの下で修業し、アラン・パッサールやギー・サヴォア、ピエール・ガニェールなどのフランス料理の巨匠の厨房で料理の腕を磨きました。それからしばらくモーリシャスやバルバドスで修行を重ね、2005年にアンバー でその努力と才能が花開くこととなります。 

彼の仕事に対する情熱を分かち合う52人の有能なシェフ チームは、そのリーダーシップの下で6年連続ミシュランの2つ星を獲得しました。