ランドマーク

香港の基本ガイド

$module/image

by キャシー・アダムス

キャシー・アダムスは香港在住の旅行ジャーナリストで、キャセイパシフィック航空機内誌『ディスカバリー』の副編集者でもあります。彼女の記事は『エスカピズム』『インデペンデント』『サンデー タイムズ トラベル』『ガーディアン』などに掲載されています。

方角を知る

香港のみなぎるエネルギーは、おしゃれな中環(セントラル)地区に凝縮されています。ガラスと鉄筋で囲まれたショッピングモールが石畳の道沿いに展開し、新鮮な肉や野菜を売る生鮮市場と狭いスペースを競い合っています。その中でも中心部に位置するランドマーク マンダリン オリエンタルは、最も歴史が古く、最も魅力あふれる通り、全長6.5kmのクイーンズロード セントラル沿いというロケーションを誇ります。西側の西営盤から東側の湾仔まで散策して、マーケットや魅力的な広場、摩天楼の下を走るトラムなどを眺めませんか。

心に栄養を

香港の文化的特色と言えば東洋と西洋の融合が浮かびますが、最近では芸術面でも知られています。そのうちの一つが、毎年開催される大規模アートフェア、アートバーゼルです。これまで、リーマン・モーピンガゴシアンといった一流ギャラリーが、歴史的建造物となっているマンダリン オリエンタルの通り向かいにあるペダー ビルディング内に売り場を構えてきました。

香港島の南側にある黄竹坑地区では、急速に高級化が進んでいます。ここはもともと工業地区でしたが、広大なロフトは改装され、スプリング ワークショップブラインドスポット ギャラリーなどのアートスペースに変身しました。より伝統的な文化をお求めなら、エネルギッシュな15分のウォーキングを兼ねて文武廟を訪れませんか。文神と武神を祀ったこの寺院はくねくねとしたハリウッド ロードの西端に位置します。中に入ったら大きく息を吸って、煙が立ち上る豊かな香の香りをお楽しみください。

アート バーゼル

アート バーゼル香港は世界34か国からの一流ギャラリーが参加する現代アートのショーです。

リーマン・モーピン ギャラリー

リーマン・モーピン ギャラリーで、世界各国の芸術家たちによる幅広い作品をご鑑賞ください。

スプリング ワークショップ

世界各国の有名芸術家たちによる、スプリング ワークショップのディスカッションイベントにぜひご参加ください。

文武廟

堂々たるたたずまいの文武廟で内なる平安を見つけましょう。写真提供 Sean Pavone / Alamy

地元の人のようにショッピング

ホテルに直結したザ ランドマークは、香港で今最もおしゃれなショッピングモールです。ディオール、バーバリー、シャネルといった有名ブランドに加え、ハーヴェイ ニコルズの支店などがスタイリッシュなアトリウムを囲むように並んでいます。地下階は全体がランドマーク メンのフロアとなっており、フュール コーヒーでは極上のコーヒー片手に一休みできます。

https://photos.mandarinoriental.com/is/image/MandarinOriental/dmo-lmhkg-concierge

香港ならでは…

「毎年4月末から5月初めころ、長洲島ではお腹を空かせた霊たちをハッピーにするための饅頭祭りが開催されます。祭りでは、高さ18メートルの大きな竹の塔が北帝廟の外に建てられます。饅頭取りの予選通過者たちは、この塔によじ登って先端に取り付けられた饅頭を取ります。高いところにある饅頭を取るほど、幸運に恵まれると言われています。」

マイク・ユエン、ザ ランドマーク マンダリン オリエンタル 香港コンシェルジュ マネージャー

注目の観光スポット

世界最長の屋外エスカレーター、ヒルサイド エスカレーターを見ると、香港はまさに縦型の街なのだと実感させられます。徳輔道中から乗り、ミッドレベルの干徳道まで行きます。ここはビクトリア ピークまでの中間地点となります。ここから険しい坂を30分ほど上っていくと頂上に着きます。頂上からは、香港島のコンクリートジャングルと九龍島の丘の景色が一面に広がります。(豆知識:さらに西にある西高山まで歩くと、香港の西部および南部の絶景が見られるうえ、ビクトリア ピークのように込み合うことはありません。)

到着を祝って乾杯

夕暮れ時には、快適でコンテンポラリーなフォックスグローブでおくつろぎください。禁酒法時代のもぐり酒場を連想させるこのバーは、非常にモダンな香港を体現しています。

くつろぐ時間を作りましょう。

くつろぐ時間を作りましょう。

スパ&ウェルネス

ザ ランドマーク マンダリン オリエンタルのオリエンタル スパは、躍動する街に対抗するかのように落ち着ける空間です。この至福の聖地は2フロアにまたがっており、伝統的なハマム、スパスイート、高級ヒート&ウォーター施設を備えています。スマートフォンの常時使用からくるストレスを和らげる、頭と肩へのトリートメント、デジタル ウェルネス エスケープをお試しください。ヨガやピラティスのクラスもお勧めです。ホテルのそばには、公共公園チャター パークもあります。のんびりとくつろいだり、地元の人たちが太極拳をする様子を眺めるのもよいでしょう。

極上のお食事 

リチャード・エッケバスが指揮を執る、ミシュラン2つ星のフランス料理レストラン、ダドルスを訪れるべき理由は多々あります。定期的に変わるアートコレクションに囲まれながらミシュランの星にふさわしい、モダンな広東料理と斬新なカクテルをご賞味ください。こじんまりしたルーフテラスは、食後の1杯にぴったりです。

ダドルス

ダドルスは、広東の点心や舌がとろけそうなテイスティングメニューを揃えたレストランです。

ダドルス

上海灘マンションの中にあるダドルスでは、さまざまな要素を取り入れた1950年代風のインテリアをお楽しみいただけます。

アンバー

香港中心部にあるアンバーで、おしゃれなパリの雰囲気を味わいませんか。

アンバー

アンバーは、マンダリン オリエンタル、ザ ランドマーク内にある印象的なミシュラン2つ星レストランです。

タイムトラベル

現在ランドマーク マンダリン オリエンタルが建つクイーンズロード セントラルの一部は、かつてウォーターフロントに面していました。しかし香港の絶え間ない成長と埋め立てにより、現在ではウォーターフロントから離れています。それでも、今では水辺まで徒歩5分で行けます。

https://mandarinoriental.com/templates/main/img/MO_Magazine_Logo_BLK.svg

最後に

香港最古の交通手段、トラムに乗らずして香港旅行は完結しません。ショッピング天国コーズウェイ ベイから上環まで15分のコースは、高層ビルやマーケット、香港のユニークなエネルギーの源である住民たちの間を縫って走ります。

香港一の緑地

香港動植物公園

香港動植物公園 写真:Adobe Stock

寺院脇の池

九龍寨城公園の寺院脇の池 写真:Adobe Stock

南蓮園池

南蓮園池内に建つ、圓満閣という素晴らしい名の建物。写真:Adobe Stock

沙田公園

沙田公園と公園を望むアパートの建物。写真:Alamy

ビクトリア ピーク ガーデン

ビクトリア ピーク ガーデンから見える香港の街並み。写真:Keng Po Leung, Alamy