ディナー バイ ヘストン・ブルメンタール

シェフのご紹介

ヘストン・ブルメンタール

ロンドン生まれのヘストン・ブルメンタールは、バークシャー州のブレイにある彼の最初のレストラン、ザ・ファット・ダックで有名になりました。1995年にオープンしたこのレストランは、1998年に初めてミシュランの星を獲得し、2004年からは3つ星を維持しています。

ユニークで飽くなき探求心を持つヘストン・ブルメンタールは、食べ物およびダイニングへのアプローチと理解方法を変えてきました。王立化学会の名誉フェローで、美食への貢献を称えられてOBEを授与しているヘストン・ブルメンタールの業績は、世界中で認められています。彼の美食の歴史に対する熱心な研究は非常に魅力的であることが証明され、アシュレイ・パーマー-ワッツとともにディナー バイ ヘストン・ブルメンタールのコンセプトへとつながる結果となりました。

アシュレイ・パーマー-ワッツ

アシュレイ・パーマー-ワッツは、研究と創造性への憑りつかれたような献身をもって、20年近くヘストンの下で働いてきました。

食の歴史家との連携や、大英図書館およびハンプトン コート宮殿の厨房にある文献の研究を通して、アシュレイはヘストンとともに歴史的なレシピや料理本からヒントを得た、14世紀にまでさかのぼる要素を取り入れたモダンな料理のメニューを考案しました。農家のテーブルから宮廷の宴会まで、アイデアと美食への見識は13世紀からヴィクトリア朝時代にまで広範にわたります。

アシュレイ・パーマー-ワッツはディナー バイ ヘストン・ブルメンタールのシェフ ディレクターです。