マドリード歴史

歴史

110年を超える伝統、情熱、卓越したサービス。

アルフォンソ13世 ファミリア 1917昔の外観

1910年10月2日、ザ リッツ マドリードが華々しく開業しました。ヨーロッパ最高級のホテルになる運命にあるホテルのオープニングセレモニーは、スペイン国王アルフォンソ13世と、王妃であり英国君主ビクトリア女王の孫であったビクトリア・エウヘニアを来賓に迎えて執り行われました。

若き国王は、スペイン初となる真の高級ホテルを建設するというこの刺激的な冒険に尽力していました。ヨーロッパ中を旅して、新たに建設されたあまたの豪華ホテルの水準の高さを目の当たりにした国王は、国賓や要人を迎えるにふさわしい真のラグジュアリーホテルを建設して、スペインを近代化し、マドリードを他のヨーロッパの首都に匹敵する都市にすることを決意したのです。

リッツ デベロップメント カンパニーは、パリの有名なオテル リッツの建築家を迎えただけでなく、「優秀なホテル経営者」でありリッツ パリの創業者でもあるセザール・リッツを招き、彼の名にちなんだこの新しいホテルの建設に参加してもらいました。セザール・リッツは優れたホテル経営者であるばかりか、ショーマン、優れた演出家でありプロデューサーとして、著名な顧客の素晴らしいパフォーマンスの舞台を準備しました。

セザール・リッツのホテルと当時の他の高級ホテルがはっきり異なっていたのは、堂々とした建築、美しくセンスのよい内装、細部にまでこだわったおもてなし、そして他ではあまり見られない素晴らしいスタイルでした。そのどれもが現在復元されている要素です。

100年以上が経ち、セザール・リッツが最初にこの街にもたらしたホテル経営とデザインの他にはないスタイルは、新しい世代がマンダリン オリエンタル リッツ マドリードで体験できるよう復元され、完成されています。