プラド美術館

マドリード

マドリードの基本ガイド

アニー・ベネット

文:アニー・ベネット

マドリードを拠点とするトラベルライターのアニーは、National Geographic Travelerのガイドブックを執筆しました。また、The IndependentSunday Times Travel MagazineThe Telegraphにマドリードやスペインに関する記事を書いています。

方角を知る

Paseo del Pradoマンダリン オリエンタル リッツ マドリードは、マドリードの主要な美術館を結び、噴水が点在する広い並木道、プラド通りに面しています。ホテルがあるエレガントなヘロニモス地区は、スペインの貴族の多くが19世紀後半に建てられた立派な建物に豪華な住まいを構えていた場所です。1910年にこのホテルが開業したことは、周辺地区の建築に大きな影響を与えました。優美な曲線などのパリの建築の特徴が、簡素で飾り気のない伝統的なスタイルに変化をもたらしたのです。ペドロ・アルモドバル監督の映画『神経衰弱ぎりぎりの女たち(原題:Mujeres al Borde de un Ataque de Nervios)』に登場する通りに見覚えがあるかもしれません。

心に栄養を

Reina Sofia Museumマンダリン オリエンタル リッツ マドリードでの滞在中に文化に触れることはこの上なく簡単です。世界有数の有名美術館プラドがほぼ隣にあるからです。向かいには、13世紀から現代までの芸術作品を所蔵する有名なティッセン=ボルネミッサ美術館もあります。歩いて数分のところには、ヘルツォーク&ド・ムーロンが改装を手がけたカイシャ・フォーラムがあり、企画展や文化イベントが開催されています。広大なソフィア王妃芸術センターには、ピカソによる超大作ゲルニカが保管されています。リリア宮殿を訪れるなら予約はお早めに。この宮殿は、エル・グレコ、ベラスケス、ゴヤによる絵画など、スペインでも指折りの重要なプライベート美術コレクションを保有しています。

地元の人のようにショッピング

Real Fábrica Española shopfrontマドリードの一流ブティックは、ホテルから近い洗練されたサラマンカ地区に集まっています。散策は、ヴェルサーチェ、カンペール、プラダなどのショップが軒を連ねるセラノ通りからスタートしましょう。リサイクルレザーを使った靴やバッグが人気のMalababaは見逃せません。また、ホテル近くのラス レトラス地区にはReal Fábrica Españolaがあり、この店では、スペイン中の職人から仕入れたスカーフ、手作りせっけん、バスク地方の伝統的なベレー帽などのギフトを買い求めることができます。近くのThe Concrete Companyでは、日本製の最高品質のデニムを使用したジーンズが手に入ります。体にぴったりな1本をあつらえてみてはいかがでしょうか。

注目の観光スポット

Gran Via, Madridマンダリン オリエンタル リッツ マドリードを出発し、プラド通りを通ってシベーレス広場へ。この広場にある女神シベーレスの噴水の周りは、レアル・マドリードのファンが集まってチームの勝利を祝う場所になっています。マドリードの目抜き通り、グランビア通りには、ショップ、劇場、20世紀初頭の豪華な建築物が立ち並んでいるので、ぜひ視線を上げてみてください。角を曲がってプレシアドス通りに入り、マドリードの中心地であるプエルタ デル ソルにたどり着いたら、400年以上の歴史を持つ壮大な広場マヨール広場へと進みます。Misturaで職人の手作りアイスクリームを食べたら、オペラハウス「王立劇場」と壮麗なオリエンテ広場に向かいます。この広場にあるCafé de Orienteのテラスで飲み物やランチを楽しんだら、ヨーロッパ最大の王宮とされるマドリード王宮を見学しましょう。

到着を祝って乾杯

Palm Court with glass ceilingマンダリン オリエンタル リッツ マドリードでは、有名なパーム コートのガラスの天井の下、シックなシャンパン バーでドリンクを手に、スペインの首都の活気に満ちた雰囲気を満喫できます。ラス レトラス地区では、Viva Madridのベルモットやジントニックをどうぞ。美しいタイル張りのこの居酒屋は1856年から続いており、現在は世界的に有名なバーテンダーのディエゴ・カブレラが営んでいます。真夜中を過ぎたら、Azoteaのルーフテラスでマドリードのスカイラインを眺めながらカクテルをお楽しみください。

くつろぐ時間を作りましょう。

マドリードのレティーロ公園のボートが浮かぶ湖

くつろぐ時間を作りましょう。

スパ&ウェルネス

1日たっぷり観光した後は、ホテルに戻って屋内プールに浸かったり、隠れ家のようなスパでスペイン国内外の最高級の製品を使ったマッサージや美容トリートメントを受けたりと、それぞれのスタイルで過ごすことができます。静かに物思いにふけりたいときは、18世紀に設立されたレティーロ公園や王立植物園へ。どちらもホテルから徒歩数分です。パンタローネスとして知られるニレの木にご注目。この木の幹はズボンのような形をしています。

極上のお食事

Quique Dacosta restaurant dining room at Mandarin Oriental Ritz, Madridキケ・ダコスタは、彼の出身地であるバレンシア地方でミシュランの星を5つ獲得しています。そして今、庭に面した彼のシグネチャー レストランがあるマンダリン オリエンタル リッツ マドリードに、その地中海の魔法をもたらしています(予約をおすすめします)。ホテルの近くにあるBodega de los Secretosは、17世紀に造られた地下のワインセラーを利用したロマンチックであると同時に驚きに満ちたレストランです。隠れ家のようなアーチ型のアルコーブの席を取り、タコの炭火焼やピレネー地方産のステーキを注文しましょう。高級感あふれるラス サレサス地区には、ディエゴ・ゲレロのミシュラン2つ星レストランDSTAgEがありますが、もう少し肩肘を張らない店に行きたい気分なら、すぐ近くにある彼のビストロDspeakeasyをお試しください。

堕天使の噴水、マドリード

タイムトラベル

マンダリン オリエンタル リッツ マドリードの裏手のレティーロ公園には、堕天使の噴水があります。この像は天国から追放されるルシファーを表現しており、世界でも数少ない悪魔を讃える彫像の1つとなっています。

CentroCentro、マドリード

最後に

シベーレス広場にある旧郵便局を利用したCentroCentro文化センターの展望台からは、マドリードの360度の眺望を楽しむことができます。