ニューヨーク

ニューヨークの基本ガイド

$module/image

by キャリー・バックル

英国生まれ、現在はニューヨークで活躍するライター、キャリー・バックルは、『ハーパーズ バザー』、『ヴォーグ』、『エル』、『コスモポリタン』『タトラー』などに旅行、ラグジュアリー、セレブに関する記事を寄稿しています。

方角を知る

マンダリン オリエンタル ニューヨークにご到着になったら、このエリアの雰囲気をつかむには、ホテルの目の前にあるセントラルパークを散策するのが一番です。ベセスダの噴水でのピープルウォッチングから、冬のウォールマン リンクでのアイススケートまで、世界的に有名なこの公園は、どの季節に訪れても魅力的です。あるいはアッパーウエストサイドの並木道を散策して、歴史あるブラウンストーンの建物を眺めるのもお勧めです。建物の多くは1880年代に建てられたものです。

心に栄養を

ニューヨークシティはワールドクラスの文化シーンを誇り、リンカーンセンターはその中心的存在です。ホテルからは徒歩5分の距離にあり、いつ行っても素晴らしいオペラやバレエ、ミュージカル公演を楽しめます。豪華なレッドカーペットと星をちりばめたようなシャンデリアが特徴のメトロポリタン・オペラニューヨーク・シティ・バレエ団ニューヨーク・フィルハーモニックの訪問は忘れがたい体験となるでしょう。日が落ちたら、イルミネーションに照らされた噴水を眺めることもお忘れなく。1869年にアッパーウエストサイドに建てられた歴史的建造物、アメリカ自然史博物館で、恐竜が生きていた時代にタイムスリップ。冬と春には生態動物園を訪れ、熱帯のような気候の中で生息する500匹を超える蝶を鑑賞できます。アート好きの方は、これもホテル近くにあるニューヨーク近代美術館(MoMA)がお勧めです。彫刻庭園でリラックスする時間をお忘れなく。さらに進んで、アッパーイーストサイドのメトロポリタン美術館(デンドゥール神殿はここのおすすめです)とフランク・ロイド・ライトが設計したグッゲンハイム美術館も訪れてみましょう。街の最新ギャラリーはミートパッキング地区にあるホイットニー美術館。ハイラインの散策と合わせてお楽しみください。

グッゲンハイム美術館

フランク・ロイド・ライトが設計した、マンハッタンを象徴するグッゲンハイム美術館の展示は必見。毎年100万人以上の訪問者を惹きつけるに十分値します。展示品のほとんどは、アトリウムのなだらかな傾斜路を下りながら見るのが一番です。

ホイットニー近代美術館

ホイットニー近代美術館の通だけが知る秘密を知りたいですか? それは、誰でも無料の永久会員に申し込めること。条件は、美術館の常設展示コレクションに作品が展示されている芸術家であることだけです。

MoMA

MoMAの2階階段にあるアンディ・ウォーホルの壁紙

アメリカ自然史博物館

アメリカ自然史博物館の外観

地元の人のようにショッピング

マンダリン オリエンタル ニューヨークのお客さまは、ホテルのすぐ隣のタイム ワーナー センターでスチュワート ワイツマンやリンクス オブ ロンドン、ディプティックなど街一番のショッピングをお楽しみいただけます。バーグドルフ グッドマンからカルティエまで、フィフスアベニューの豪華ブランドのショップへも徒歩ですぐです。地元住民のようにショッピングを楽しむなら、アッパーウエストサイドのコロンバス アベニューを散策して高級インテリアのジョナサン・アドラーなどのブティックを探してみましょう。本人は自分の作品を「モダンなアメリカの魅力」を表現したものだと語っています。デザイン好きの方はソーホーのハワード ストリートへ。イギリス人デザイナーのトム・ディクソンの新店舗ミッシェル・ヴァリアンロール&ヒルの照明器具のショールームなどがあります。このエリアにいる間に、ブルーム ストリートのカーナ・ザベット ブティックに立ち寄ってクールなデザイナー ファッションブランドを見て回りましょう。

注目の観光スポット

ニューヨークシティでは、息を呑むような街並みを見上げているだけで1日が過ぎてしまうかもしれません。エンパイアステートビル、クライスラービル、ワールドトレードセンターなど、街を象徴する歴史的建造物は無数にあります。目を引くフラットアイアン ビルディングなど、少し変わった見どころにも注目してみましょう。ハイラインは廃止された線路の高架部分に作られた公園で、夕暮れ時の風景はとてもきれいです。

https://photos.mandarinoriental.com/is/image/MandarinOriental/NEW-YORK-Kenneth-Abisror-BW?wid=375&hei=470&fmt=jpeg&crop=102,54,2350,2945&anchor=1277,1526

ニューヨークならでは…

1930年代から1940年代にかけてローズベルト大統領がお忍びでニューヨークシティを訪れる手段として使用した、グランドセントラル駅にある秘密の地下鉄線路には、数多くの歴史や興味深い事実が隠れています。プライベートツアーを催行しています。

ケネス・アビスロー、マンダリン オリエンタル ニューヨーク チーフコンシェルジュ

到着を祝って乾杯

セントラルパークの全景を見晴らすなら、マンダリン オリエンタル ニューヨークの35階ロビーへ。グラント・アチャッツとニック・ココナスの2人のシェフがお届けするザ オフィスNYCへぜひお立ち寄りください。もぐり酒場風のこのラウンジはクラシックなカクテル、ヴィンテージのスピリッツ、その他豊富なドリンクをご用意しています。ザ エイビアリーNYCもアチャッツとココナスが手がける高級レストランで、シカゴ以外の場所に初めてオープンした支店です。ホテルの近くには、タイム ワーナー センター内のアセント ラウンジもあります。ここは洗練されたカクテルラウンジで、軽食とセントラルパークのゴージャスな風景が自慢です。ライブ演奏がお好きな方は、リンカーンセンターのジャズを覗いてみましょう。多くの著名アーティストの演奏をお楽しみいただけます。

くつろぐ時間を作りましょう。

くつろぐ時間を作りましょう。

スパ&ウェルネス

ニューヨークシティのみなぎるエネルギーは病みつきになりますが、ときには充電することも大切です。マンダリン オリエンタル ニューヨークでは6室のトリートメント ルームを備えた東洋風のスパに加え、アメジスト クリスタル スチームルームを含むヒート施設をご用意しています。屋外では、セントラルパーク内のシェークスピア ガーデンが静けさのオアシスを提供しています。甘い香りのバラや、シェークスピア作品で言及されている美しい季節の花々を鑑賞しましょう。

極上のお食事

アジアのテイストをプラスしたモダンなアメリカ料理なら、アッパーイーストサイドの最高中の最高、ダニエル レストランをお見逃しなく。特別な日をお祝いするのにぴったりの絶品フランス料理を味わえます。

アジアートの代表料理

アジアートでは、35階からの絶好の見晴らしを生かし、マンハッタンのパノラマビューを満喫しながらモダンなアメリカ料理を味わえます。木の枝のような形のシャンデリアは、ホテルに隣接したセントラルパークにちなんでいます。

アジアートの代表料理

アジアートで飲みたいワインが見つからないという人は、おそらくワイン好きではないのでしょう。ここは世界中から慎重に厳選された、1,300本以上の高品質ワインのコレクションを誇ります。これらのワインをすべて陳列したこの店の自慢「ワインの壁」はニューヨークのレストランの間で有名で、これを見に来る訪問者も多くいます。

アジアートの代表料理

アジアートはモダンな絶品アメリカ料理を専門としていますが、自家製の味付けをほどこしたフォアグラにイチゴなどの副菜を添えた一品など、クラシックな各国料理もメニューに並びます。

アジアートの代表料理

アジアートのウサギ料理 レストランのエグゼクティブシェフはフランス生まれのシリル・ルノー。以前は同じくニューヨークにあるミシュラン星獲得レストラン、フルール ド セルを所有・経営していました。

タイムトラベル

シープメドウはセントラルパークの西にある緑地として有名ですが、あまり知られていないのは、そこが昔はその名の通りの場所であったということです。1934年まで、ここでは羊たちが草をはんでいました。

https://mandarinoriental.com/templates/main/img/MO_Magazine_Logo_BLK.svg

最後に

アッパーウエストサイドのルヴァン ベーカリーで、温かくてしっとりしたチョコチップクッキーに舌鼓。熱心なフォロワーがいるのも納得です。

ニューヨーク随一のベーカリー

マグノリア ベーカリー

『セックス・アンド・ザ・シティ』に登場したことで有名になりました。舌がとろけそうなバナナプディングは、ブリーカー ストリートにあるオリジナルのロケーションへ行くのが一番です。

ブション ベーカリー

パステル色のマカロンはお好きですか。それならば、ロックフェラー センターのブション ベーカリーは必訪です。シェフ、トーマス・ケラーはこのフランスの伝統菓子にユニークなひねりを加えています。

ルヴァン ベーカリー

もともとは種類豊富な焼きたて自家製パンを販売するためにオープンしましたが、その後170グラムのチョコチップ ウォルナット クッキーが有名になりました。