パリの基本ガイド

$module/image

by ケイティ―・ゲートンズ

ロンドンとパリを行き来するライター兼デジタルエディター、ケイティ―はブリティッシュエアウェイズ機内誌『ハイライフ』『グラッツィア』『ハフィントンポスト』などに寄稿しています。

方角を知る

マンダリン オリエンタル パリが建つ街の中心部、パリ1区以上に高級な住所は世界でもあまり例がありません。チュイルリー庭園の手入れの行き届いた芝生は通りをひとつ超えたところ、ルーヴル美術館のガラスのピラミッドへもすぐです。

心に栄養を

時間が限られているなら、ホテル近くのチュイルリー庭園内にある二つつの小さなギャラリーを訪れて、街の雰囲気を感じましょう。オランジュリー美術館はモネの「睡蓮」のパネルが目玉の印象派の美術館。ジュ・ド・ポーム国立美術館はフランスおよび各国の芸術家の作品を展示する、現代写真美術館です。その近くのマレ地区には、リチャード・ロジャースとレンゾ・ピアノが設計したポンピドゥーセンターがあります。これは世界で最も特徴的な美術館の一つです。同じくお勧めなのが、現代アートの殿堂パレ ド トーキョー、そして先住民特有のアートを集めたケ・ブランリ美術館です。どちらもエッフェル塔の近くにあります。

オランジュリー美術館

オランジュリー美術館でフランス印象派の世界に浸りましょう。写真提供 Getty images

ジュ・ド・ポーム国立美術館

街を象徴するジュ・ド・ポーム国立美術館でモダンアートを鑑賞 写真提供 Adrien Chevrot

パレ ド トーキョー

パレ ド トーキョーで時代を先駆けた展示品をご覧ください。

ケ・ブランリ美術館

先住民特有のアートを専門に展示しているケ・ブランリ美術館はエッフェル塔に近いユニークな美術館です。写真提供 Getty Images

地元の人のようにショッピング

パリは世界のファッションの中心として知られていますが、それには十分な理由があります。ブティックでもブランド店でも、マンダリン オリエンタルのお客さまはシックな商品のショッピングに最適な立地に恵まれています。アレキサンダー・マックイーンエンポリオ アルマーニの店舗はサントノーレ通りを挟んでホテルの向かい側にあります。近くのカンボン通りには、カーブを描いた美しい階段をあしらったシャネルの旗艦店、その先のオスマン通りには人気のギャラリー ラファイエットプランタンがあります。

https://photos.mandarinoriental.com/is/image/MandarinOriental/dmo-mopar-concierge

パリならでは…

「ホテルから徒歩ですぐのチュイルリー庭園は1564年にカトリーヌ・ド・メディシスが自分の新しい王宮として建てさせたものです。フランス革命後にここに置かれたタイル工場にちなんで名付けられ、庭園はプライベートな王族のオアシスからあらゆる社会階層のパリっ子たちが共有できる公共スペースへと生まれ変わりました。」

エイドリアン・ムーア、マンダリン オリエンタル パリ コンシェルジュ

注目の観光スポット

パリ オペラ座は華麗なボザール様式のガルニエ宮に位置し、マンダリン オリエンタル パリから歩いてすぐ。パリに2~3日滞在されるなら、豊富なバレエやクラシック音楽のプログラムを探してみましょう。中世の面影が残る活気あふれるマレ地区は、石畳の道に沿ってクレープ屋やオープンカフェが建ち並び、自由奔放な魅力が漂っています。ぜひ時間を取ってパリ最古の広場、ヴォ―ジュ広場を訪れましょう。(ヴィクトル・ユーゴーは6番地で「レ・ミゼラブル」を執筆しました。)さらに足を延ばす時間があるなら、絵になるサン マルタン運河へ出かけましょう。この新興地域には多くのブティックがひしめき合っています。公園での散歩なら、木に囲まれた遊歩道や広大な芝生、古い像などが魅力の美しいリュクサンブール公園がお勧めです。

到着を祝って乾杯

マンダリン オリエンタル パリのバー「8」のテラスで緑を眺めながらカクテルを味わいましょう。ジェーム パリは梨、バニラリキュール、ビタールバーブ、シャンパンをミックスしたドリンクです。本格的なパリのワインバーなら、近くのル ガルド ローブへ。フランス最高級のワインをシンプルな豚肉料理やチーズとのペアリングで味わえます。

くつろぐ時間を作りましょう。

くつろぐ時間を作りましょう。

スパ&ウェルネス

ゲラン スパ スイートでお好きなトリートメントをお選びください。メニューにはパリ パッション(お肌を若くよみがえらせるアンチエイジング ボディ スクラブ)などがあります。ホテル近くでは、セーヌ川に沿ってのんびりと散策などいかがでしょう。精神の疲れを癒し、時差ボケ対策に役立ちます。また、イルミネーションで輝く夜のパリの風景もご堪能いただけます。

極上のお食事 

ミシュラン2つ星を獲得しているホテル内レストランシュール ムジュール パール ティエリー・マルクスは、ホテルのお客さまにも地元住民にも人気です。白いキャンバスのようなレストランはマルクスのオート キュイジーヌをアート感覚たっぷりに演出します。フランスらしさに溢れるマンダリン オリエンタル パリには独自のパティスリーもあり、フレッシュでおいしい品々を毎日ご用意しています。パン職人の守護聖人サントノーレにちなんで名づけられたこの通り以上に、シュークリームを味わうのに最適な場所があるでしょうか。

シュール ムジュール パール ティエリー・マルクス

究極の豪華料理なら、シュール ムジュール パール ティエリー・マルクスの目を見張るようなセットメニューをお試しください。

シュール ムジュール パール ティエリー・マルクス

シュール ムジュール パール ティエリー・マルクスは、マンダリン オリエンタル パリの豪華シグネチャー レストランです。

タイムトラベル

1889年、パリのアメリカ人コミュニティが自由の女神のレプリカをパリ市に寄贈しました(オリジナルはフランスからニューヨークへのギフトでした)。レプリカはセーヌ川の真ん中にある島に立ち、米仏の友好のシンボルとして大西洋の方角を向いています。

https://mandarinoriental.com/templates/main/img/MO_Magazine_Logo_BLK.svg

最後に

パリを環状に走る廃止鉄道路線プティト・サンチュールはぜひ時間を取って訪れましょう。一部は色とりどりの植物で覆われ、塀に描かれた落書きやストリートアートを背景にしたその風景はとても印象的です。

パリ屈指の素晴らしい美術館

ポンピドゥーセンター

ポンピドゥーセンターは建築家リチャード・ロジャースとレンゾ・ピアノの共同設計により1977年に建設されました。写真:David Clapp, Getty Images

グラン パレ

グラン パレは1900年のパリ万国博覧会のために建てられました。写真:Getty Images

ルイ・ヴィトン財団美術館

ルイ・ヴィトン財団美術館は、2014年にオープンしたフランク・ゲーリー設計のアート&文化センターです。写真:Getty Images

ルーヴル美術館

おそらくパリで最も有名で最も愛されている美術館:ルーヴル美術館 写真:Gallery Stock

オルセー美術館

伝統あるオルセー美術館の時計の文字盤から見た風景 写真:Arthur Meyerson, Getty Images