鮨 そら

メニュー

築地から毎日仕入れる新鮮な食材

誰もが知る日本を代表する料理といえば、「すし」。中でも「握りずし」発祥の地は中世の東京、つまり徳川将軍家が覇権を握っていた江戸時代(1603年〜1868年)とされています。江戸前鮨は、東京湾(かつての江戸湾)でとれた新鮮な魚をさっと調理した、片手でつまめる江戸時代のファーストフードでした。

「そら」の江戸前鮨は、北海道や沖縄、大阪、東京湾の漁師や漁協から仕入れた獲れたての新鮮な魚のみを使用。中でも東京の有名な築地魚市場は、今泉板長が最も信頼を置く仕入先です。「築地では、人と人の信頼関係が大切です。値段交渉だけでは、うまくいきません」と板長は語ります。

「鮨 そら」のメニューには、日本料理の真髄といえる、四季折々の旬の味覚が並びます。「私は、『旬』の魚を厳選して、調理します」と今泉板長。彼は、信頼のおける取引先から、夏季は毎日30匹ほど、冬季は、貝類があるときは40匹ちかく、水揚げされたばかりの新鮮な魚のみを厳選して仕入れています。北海道産のウニや大分産のヒラメなど、好奇心旺盛なお客さまのご要望にもお応えできるよう、板長は日本各地の漁場の情報に常に目を光らせています。

 

  • 全般
    0120-806-823 (レストラン総合予約 / 9:00~21:00)
  • ランチ
    11:30~14:30
  • ディナー
    17:30~22:00
  • 電話番号
    +81 (3) 3270 8188
  • Eメール

おすすめメニュー

Okunomatsu Junmai Daiginjo Shizukusake Kinnojo

Uni- Sea urchin

Chu toro- Medium marbled tuna 1,500

Kohada- Gizzard shad

Ni anago- Simmered conger eel